ホーム > ヘアケア > 健康的な髪を育てる食生活

健康的な髪を育てる食生活

美しい髪のために、ほとんどの女性はシャンプーやトリートメントなど、外からのヘアケアだけにこだわっていますが、本来は、毛根の一番奥にある毛母細胞に髪が必要とする栄養素を十分に届けるということを考えなければなりません。

髪を製造する毛母細胞まで、十分な栄養素が届かなければ、健康的で美しい髪は育たないというわけです。

このことから育毛と食生活は、切っても切り離せない関係と言えます。

そもそも髪の毛は、タンパク質でできていますので、まずは、普段の食事から必須アミノ酸がバランスよく含まれている良質のタンパク質を摂ることが必要です。

ただし、タンパク質が必要だからと、肉中心の食事ばかり摂ってエネルギー過剰摂取になると、脂肪分が蓄積して肥満を招き、動脈硬化から血流が悪くなってしまいます。

その結果、頭皮の血行が悪くなって抜け毛の原因になるので注意して下さい。

その他に、亜鉛はタンパク質の代謝を促し、髪質を守る働きがありますので、亜鉛を含むナッツ類を適度に取り入れましょう。

逆に、亜鉛が不足すると、毛母細胞などの細胞分裂がスムーズに行われなくなったり、髪の毛の主成分であるケラチンの合成がなされなくなってしまいます。

また、細胞の再生をサポートするビタミンB群、薄毛や抜け毛の原因になる活性酸素を除去する抗酸化成分なども大切ですが、とりあえずは、栄養バランスの良い食事を摂ることを心がけましょう。

よく海藻類は髪によい・・・と、聞きますが、それだけ摂っても何の意味もありません。

やはり、タンパク質、脂質、炭水化物の3大栄養素を中心に、亜鉛、鉄を含むミネラル類やビタミン類などを満遍なく食べることが大切です。

そして、夜更かしは絶対に避けて、毎日、十分な睡眠時間を確保し、ストレスも溜めないようにして規則正しい生活習慣を送ることが、体の内側からの最高のヘアケアになります。

http://ngtkitari.com/

ちなみに、夜10時から夜中2時までの間は、髪の成長に必要な成長ホルモンが最も多く分泌されるので、この時間帯に熟睡することが大切です。

そのためには、夕方にウォーキングやジョギングなどの軽い運動を行ったり、就寝2~3時間前に入浴を済ませたり、夜はカフェインを含むコーヒーなどを飲まないなど、熟睡できるように睡眠しやすい状態と静かな環境に整えておきましょう。